賃貸物件を借りる前に知っておきたい!初期費用とは?費用を抑えるコツは?

>

部屋を借りるための初期費用って?

敷金・礼金ってそもそも何?

まずは『敷金』。
こちらは、いわゆる保証金です。
万が一家賃が支払われなかったり、退去時に壁に穴が空いている、床が汚れている、等の修繕費・清掃費が発生した場合にはこちらから支払われます。
そのため、上記の費用が敷金から差し引かれた後、残ったお金は戻ってきます。

続いて『礼金』。
こちらは大家さんへ「部屋を貸してくれてありがとう」と意味を込めたのお礼金です。
そのため、敷金と違って退去時に戻ってくるということはありません。

上記の旨をご理解いただけたら、『敷金ゼロ』『礼金ゼロ』というのは意味が全く変わってくることがお解りいただけるかと思います。
『礼金ゼロ』はメリットしかなさそうですよね。
では、『敷金ゼロ』ということは修繕費・清掃費を別途支払う必要があるのでは?なんて疑問がでてくるかと思います。
『敷金ゼロ』には何かデメリットはあるのでしょうか?

敷金ゼロのメリット・デメリット

『敷金ゼロ』に対してのメリットは、もちろん初期費用を抑えることができることですね。
それでは気になるデメリットについてですが、個人的に色々調べてみましたが、特に大きなデメリットはないように感じます。

まず、敷金ゼロの物件の場合でも、契約時に『清掃費』という費用を請求されることが多いようです。
清掃費というのがいわゆる退去時の原状回復費用になります。
敷金の相場は大体家賃の1か月分程度とされていますが、清掃費はそれより安く設定されている場合が多いようなので、初期費用を抑えることができるというのは間違いなさそうですね。

もちろん原状回復費用が清掃費を上回った場合は、退去時にプラスで料金を支払うことになりますが、敷金を初期に支払う場合も、原状回復費用を差し引いた分のみが返金されることになるので、トータル的に考えるとコストについては変わらないということになります。