賃貸物件を借りる前に知っておきたい!初期費用とは?費用を抑えるコツは?

>

初期費用を抑える方法を知ろう!

大家さんの立場になって考えてみる

まずは、「自分が大家さんだったら・・」と考えてみましょう。

どういった時に値下げをしても良いかな?と感じるでしょうか。
それはずばり空室期間が続いている場合、です。
空室期間は大家さんにとって、イコール収入ゼロの期間となりますので、なるべくなくしたいものです。
空室期間が3か月以上経った物件は、比較的初期費用を抑える交渉がしやすいとされているので、引越しが多い時期をはずした転居がおすすめです。

交渉する際、まずは家賃を抑えたいと考える方が多いかと思いますが、狙い目は『礼金』です。
大家さんにとっての収入は主に家賃です。
これから先、安定した家賃収入があれば大家さんにとっては安心ですよね。それに比べ、礼金はあくまで一時的な収入にすぎないからです。

ただ交渉の際に気を付けて頂きたいのが、大家さんとは今後もお付き合いをしていく必要があるということです。
決して無理な交渉はおすすめいたしません。

交渉せずに初期費用を抑える方法

家賃や礼金は上記の通り、あくまで大家さんとの交渉となりますが、都心や人気物件などでは交渉する事が出来ない可能性が十分にあります。
では、交渉せずに初期費用を抑える方法について確認しましょう。

〇仲介手数料・・まずは仲介手数料です。
こちらは、不動産屋さんに支払う代金になりますが、ネットなどで何社か調べてみましょう。
最近では他社との差を付けるために、仲介手数料を安くしている不動産屋さんは多いです。

〇フリーレント物件を選ぶ・・フリーレントとは、『入居後一定期間、家賃が無料になる』という契約です。
契約内容は様々ですが、翌月1か月分は家賃がかからないとしている契約が多いようです。これはお得ですね!

〇分割払いにする・・私も知らなかったのですが、実は初期費用はカード払いが可能です。
そのため、入居当初はなるべく現金を手元に置いておきたいという場合は、カードでの分割払いがおすすめです。